親の健康

父親が一人暮らしで食事が作れない!別居でも出来る対策は?

高齢の親が一人暮らしをしていると何かと心配ですよね。

父親と母親が二人一緒に暮らしているならまだ安心ですが、父親が一人で生活している時は食事もきちんと取れているのか不安が募ります。

そこで今回は、父親が一人暮らししている時に別居していても出来る食事対策についてまとめてみました。

お役に立つ内容が1つでもあれば幸いです。

父親が一人暮らしで食事が作れない時の対策 ①食事宅配サービスを利用

一人暮らしの父親の食事が心配な方にまずおすすめしたいのが、食事の宅配サービスです

高齢者であったり様々な理由で食事を作るのが困難な時は、自宅まで栄養バランスの取れた食事を運んでくれるサービスがとても役に立ちます。

食事宅配サービスは、食事の内容や量を好みに応じて変更できたり、宅配の回数なども自由に選ぶことが可能です。

さらに塩分控えめ、低カロリー、低糖質などそれぞれ魅力的なメニューを提供しているお店もたくさんあります。

レンジで温めるだけで栄養バランスの取れた食事を食べられるため、一人暮らしの父親にはぴったりですね。

父親が一人暮らしで食事が作れない時の対策 ②家事代行サービスを利用

他には、家事代行サービスを利用するのもおすすめですよ。家事代行サービスは、いわゆるお手伝いさんのようなものですね。

時間単位で契約し、家事をしてもらうことができます。

家事代行と言えば掃除などを想像する人も多いですが、食事作りを依頼できるところも多いですよ。

もちろん食の好みや、栄養面について相談することも可能です。

週に何時間か依頼して、まとめて料理を作ってもらうこともできますので、一度検討してみても良いのではないでしょうか。

父親が一人暮らしで食事が作れない時の対策 ③おかずを冷凍して届ける

父親が一人暮らしをしている場合でも、もし自転車や車で移動できるくらいの場所に住んでいるなら、おかずをまとめて作って届けてあげるのも良さそうです。

冷凍したカレーやシチューならとても日持ちしますし、やっぱり家族の手作りご飯は特別美味しく感じるはずです。

家事や仕事や子育てなどで忙しい時は毎週は無理かもしれませんが、月に一度様子を見に行くついでに届けてあげると喜んでくれそうですね。

食事の宅配サービスや家事代行サービスなどを上手に利用しながら、ストレスが囲で考えてみてください。

父親が一人暮らしで食事が作れない時の対策 ④簡単に作れる手料理を教える

もし父親が心身ともに健康で身の周りの事を自分でできる場合は、簡単に作れる手料理を教えてあげるのも良いと思います。

材料を切って焼くだけの炒め物、市販の調味料を混ぜるだけのサラダ、材料をまとめて煮込むだけの鍋など、シンプルなメニューなら高齢の父親でもすぐに作れるようになりますよ

手の込んだ料理が食べたい時は外食やお弁当宅配などを頼んでもらえばOKです。

少し料理ができるようになるだけで、きっと本人も一人暮らしでも食事の不安は随分と解消されるはずです♪

一人暮らしの父親の食事で注意したいことは?

一人暮らしの父親の食事を考える上で、絶対に注意したいことが2点あります。それは、火の管理と食中毒を防ぐことです。

【火の管理】

一人暮らしの父親に料理を教える時は、特に火の元の管理だけは厳重に伝えておかなくてはいけません。

火事は一瞬の不注意や、物忘れなどから起こってしまいます。

調理中は決して火から目を離さない、燃えやすい物を周りに置かない、調理中は服の袖などに火が移らないように、火傷などにも気をつけるなど、小さな子供に教えるように1つ1つしっかり話して確認しておくべきですね。

少しでも不安がある時は、やはり宅配や家事代行サービスをメインで考えた方が良いかもしれません。

父親の年齢なども影響してきますので、家族がよく状況を見て判断してください。

【食中毒など】

また暑い季節は食中毒にも注意が必要です。

食べ残した料理をそのまま放置したり、傷んだ物を食べたりすると、食中毒や体調不良を引き起こす恐れがあります。

体調や体力次第ではそのまま入院になってしまうことも…。料理は作った物も宅配された物も賞味期限内に食べきる、残った時は冷蔵庫で適切に保管して長期間放置しない、ということも伝えておいた方が良いでしょう。

父親が一人暮らしで食事が作れない時の対策 まとめ

一人暮らしの父親の食事については頭を悩ませている人も多いと思います。

しかし民間のサービスをいろいろ利用することで、お互いの生活リズムやペースを変えることなく暮らしていくことも可能です。

各家庭に合った方法を試してみてくださいね♪

ママ
ママ
親が高齢になると色々な心配事が出てきますが、焦らずに1つずつ問題を解決していきたいですね。